« 夜道は危険がいっぱい。デンジャー! | トップページ | 小貝川ポタ »

2006.10.27

りんりんらんらん走ってきたよ

茨城が誇るサイクリングロード、その名もりんりんロード。
ならば、地元っ子の自転車乗りとしては制覇しないわけにはいかんざき!


ちなみにりんりんロードとは、
正式には茨城県道501号岩瀬土浦自転車道線といい、1987年に廃線になった筑波鉄道の跡地を平成3年から11年間かけて整備したサイクリングロードである。
土浦から岩瀬まで40.1キロメートル、3市にまたがる広域自転車道なのだ!
各駅のプラットフォームの遺構はほぼそのまま残され、虫掛、藤沢、筑波、真壁、雨引、岩瀬の駅跡には休憩所が設けられている。筑波鉄道はもともと筑波山への参拝・観光を目的としていたらしいので、筑波山を眺めながらのどかな田園風景の中を走ることができるようになっている。


なかなか楽しそうなCRである。
という訳で、余りまくっている代休を半日分使って午後から出かけることにした。
土浦の職場から一旦家に帰って、自転車でまた土浦へ…。
ついでなので、自転車を買ったお店に寄って振れ取りなどの調整をしてもらう。

で、りんりんを走りはじめた時には…

_mg_3642
□すでに日が傾いている…
影なげー!
急がねば!

_mg_3645
□虫掛駅跡


_mg_3646
□藤沢駅跡
きゃー!日没まであとわずか!
がんばれオレ!


_mg_3650
□線路は続くよどこまでも
な、長い…。果てしなく続いている。
もうだいぶ日が落ちてしまったし、1日目はここで断念…


なに?
日が落ちても行けるだろうって?


ふぅ。
これだから都会っ子は…。


自然との共存を目指す我が茨城は、東京のように中途半端な夜ではない。
茨城の夜は本物だー!なめんなー!
自転車のライトだけで走るなんて危険すぎる!






2日目。
余りまくっている代休を使ってりんりんの旅に出る。
その前に…
コンタクトのせいなのかわからないが、僕は自転車に乗っていると目が真っ赤になってしまうのだ。
日本人の目は紫外線に弱いと聞いたことあるしね。生粋の日本人である僕としては気になるわけですよ。
なので竹園のサイクルショップによってサングラスを購入することにした。
今時のサングラスってすげーー!
紫外線の量によってレンズの色が変わる調光機能付き!!
だがしかし!値段もすげー!2万5千円ナリ!!!!





「一番安いヤツください…」


悲しいけどこれが現実。




Img_0774
□シバヌマ醤油
土浦にこんな所があったなんて知らなかった。うちはキッコーマン派なのだが…。


13:00 虫掛駅跡からりんりんに入る。


_mg_3654
□藤沢駅跡
昨日も来た藤沢駅跡。ここでちょっと休憩と補給をすます。
足が蒸れる〜〜


Img_0775
□古びたホーム
名前はわからないが、古びたホームが時間の流れを感じさせる。
なんかノスタルジックな気持ちに。


Img_0779
□筑波駅跡
かなりキレイに整備されていた。
ベンチでイチャつく男女。それはよくある光景だ。


でもね。


…どう見ても70過ぎ…。


Img_0780
□真壁突入!
この辺りで一旦りんりんロードは一般道と合流してしまう。(数百メートル程)

途中、足を組みタバコをふかしながら電動バイクに乗って向かってくる老人とすれ違う。
恐ろしくシュールな光景だった。


Img_0781
□なんじゃこりゃー!
上下に激しくうねっている。さすが筑波鉄道…。
たぶん40キロくらいで突っ込めば空も飛べるはず。


しかし、上下があるなら…


Img_0783
□縦の次は横か!
当然、左右もあるわけで。
な、なぜ!?
筑波鉄道恐るべし。


Img_0782
□旅は道連れ
日陰を走ると虫がたくさんくっつく。サングラスを買っておいてよかったと思った瞬間である。数が半端ではない。最初は付くたびに払い落としていたが、落としても落としてもくっついてくる。そのうちどうでもよくなってくるのである。一緒に岩瀬まで行こうぜよ!


Img_0784
□名残
所々鉄道の名残を目にすることができる。
道の両脇には民家が並び、子供たちの遊ぶ姿など古き良き日本を感じることができる。


_mg_3656
□岩瀬駅
そして、15:20岩瀬駅に到着!

予想はしていた…

な、なにもねーーー!

家からだと60キロ以上走ってきたが、目的地には何もない。
人生とはそんなものなのかもしれないなぁ。


_mg_3658
□岩瀬駅
限りなく寂しい気持ちになってくる。
とりあえず、お腹も空いたので補給する。


Img_0785
□MOLESKINEに旅の記録
愛用の旅の手帳、MOLESKINEに旅の記録。
MOLESKINEは200年以上も歴史があり、あのゴッホも使っていたという手帳。
ダ・ヴィンチ・コードやアメリなど、映画でもよく使われている。
ただちょっと高い。1,600円以上するんだよね…。貧乏性の僕はあまり書き込むことができないw


もうだいぶ日も傾いてきたので急いで帰る。
30キロ前後をキープしながら来た道を引き返す。
でも疲労で長くは続かない〜〜




17:40 帰宅
100キロ以上走って満足満足。達成感に包まれた2日間だった。
ただ、補給が少し足りなかったかも。おそらく1,500キロカロリー以上消費したと思うが、それに対し補給したのは500キロカロリー程。最後の方はあんまり体温が上がらず、休むと寒かった。
もうちょっとでハンガーノックだったかも。
次はちゃんと食事をとれるように計画しよう。

10月26日の走行データ
TM=4:50'08
DST=103.07km
AVE=21.3km/h
MAX=35.2km/h
ODO=826.8km ('06/9/9~)

にほんブログ村 自転車ブログへ(←ポチッとしてもらえると励みになります。暗い夜道もがんばれるかもです)

|

« 夜道は危険がいっぱい。デンジャー! | トップページ | 小貝川ポタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: りんりんらんらん走ってきたよ:

« 夜道は危険がいっぱい。デンジャー! | トップページ | 小貝川ポタ »